本文の文字サイズ 小 中 大

産業インフラ - 恵庭市について

豊かでクリーンな天然資源が 企業のイノベーションを加速する

恵庭市では企業活動に欠かせない3つの資源...水、ガス、そして電力...を、低コスト且つ安定して利用することが出来ます。水資源は水質が非常に良く、ガスはクリーンな天然ガスを利用可能です。電力は地域的に落雷や台風の被害が少ないため、供給が途絶えるリスクも低く、また他地域よりも低廉なコストで利用することが出来ます。更に通信インフラとして欠かせないインターネットは、工業団地の全域で高速かつ安定した光回線を利用出来ます。

 また恵庭市は地震も少なく、地盤も堅固で安定しており、地質の面でも企業立地に適していると言えます。

高品位の水資源

 千歳川から漁川ダムを経由し、恵庭市を西から東へと大きく2つに分けるように流れる漁川。この漁川が恵庭市の水源です。同河川から取れる水は非常に水質が良く、恵庭市を含む石狩管内の多くの自治体へ、漁川からの取水が上水道用に給水されています。また恵庭岳を源流とする良質で豊富な地下水も取水可能であり、水資源には非常に恵まれています。

漁川の取水図

漁川からの取水状況

クリーンな天然ガスを供給

 恵庭市を含む道央圏では、平成14年より苫小牧市の勇払ガス田からパイプラインで天然ガスが供給されています。天然ガスは燃焼時の二酸化炭素や窒素化合物の発生量が少ないため、石油系ガスよりもクリーンでコスト・パフォーマンスの高いエネルギーと言えます。また価格安定性に優れている点も、大きな魅力です。

天然ガスのパイプライン

道央圏の天然ガス・パイプライン概略図

安定した電力供給

 現代の企業/生産活動において、電力の安定且つ継続的な供給は欠かすことができません。電力供給に対する危険因子としては落雷や台風などがありますが、恵庭市ではこれらの発生率が少ないため、安定した電力供給を見込むことが出来ます。また特別高圧電力など、電力の大量需要にも対応可能です。更に電気料金も、北海道は他県より相対的に見て安価ですので、より低廉なコストで利用することが出来ます。

年間落雷発生数

データ出典元:気象庁ホームページより

高速かつ安定した光回線

 今や必須の通信インフラである高速インターネット回線。恵庭市ではNTT東日本の光ケーブル(Bフレッツ)、更にHOTnet(北海道総合通信網 株式会社)の専用線を利用出来ます。特にBフレッツは「光ネクスト ハイスピードタイプ」と呼ばれる、200Mbpsの次世代型高速回線が利用可能です。またADSL回線も利用出来ます。

光回線の概念図

地震も少なく 安定した地盤

 恵庭市は東京都などの首都圏と比較すると、地震の発生回数そのものが少ない地域です。更に観測開始以来、震度5以上の地震は発生したことがありません。また工業団地においては、N値(地耐力)が20~30回となっており、堅固で安定した地盤となっています。

都市別地震回数

データ出典元:気象庁ホームページより

ページトップへ