本文の文字サイズ 小 中 大

サッポロビール 株式会社 北海道工場

工場立地の決め手は豊富な天然資源と、恵庭市民の熱意ある支援体制

サッポロビール 株式会社 北海道工場  工場長 掃部 晃 様

潤沢な水と天然ガスパイプラインで、環境問題と省エネ対策にも対応

 恵庭市に工場立地を決めた大きな理由に、豊富な水資源があります。ビール製造にとって水はとても重要で、ビール1本つくるのに、その5倍から10倍の水を使います。麦汁製造のための醸造用水や、タンクや配管、空瓶などの洗浄用水、ポイラーへの給水などに大量の水を使用しています。

 恵庭市は恵庭岳を源流とした潤沢な水資源がありますから、渇水による製造制限の心配がなく安定的に製造することができます。水質も淡色ビール(ピルスナータイプ)に適した軟水なので、ビール製造に向いております。

 工場では醸造用水として恵庭市の水道水を使い、洗浄や冷却にはろ過した井戸水を使用しております。1989年の竣工当時はLPGを使用していましたが、天然ガスパイプラインが工場の近くを通ることをきっ かけに、 2000年には燃料転換を行いました。天然ガスは価格が安定していること、 太気汚染の元凶となる窒素酸化物や硫黄酸化物がほとんど発生しないクリーンなエネルギーです。LPGに比べてもCO2排出量が少ないので、環境対策にはとても有効です。

 さらに、天然ガスを燃料とするコジェネレーションを導入し、発電した電気はビール製造工程などで利用し、排熱は給湯や蒸気に変換することで総合効率が80パ一セント以上という省エネルギーシステムを構築しています。

 協働契約栽培による北海道産大麦の仕入れや製品出荷などの物流面に関じても主要マーケットである札幌圏に近く、国道36号線や恵庭インターチェンジが近いので、道東・道北・道南いずれの方面にもアクセスができるという立地条件が魅力です。さらに、恵庭市は札幌市をはじめとする近隣に比較すると降雪量も少なく、大雪で工場からの出荷が遅れるということがほとんどありません。

JR 「サッポロビール庭園駅」は「期成会」の働きかけによって誕生

無料で工場見学が可能 北海道工場はおかげさまで2014年に竣工25周年を迎えました。弊祉が恵庭市への移転を公に発表したのは1986年、竣エの3年前のことです。当時は恵庭市長をはじめ恵庭市民の方々にいろいろと応援していただきました。たとえば、恵庭市民の有志の方々によって1982年に結成され、現在も応援して頂いている 「恵庭サッポロビール会」(20~80代、会員200名)の方々には、恵庭市への誘致の気運を高めていただきましたし、恵庭市や地元企業、町内会によって設立された「期成会」の皆さんの働きかけにより、JR「サッポロビール庭園駅』の建設が決まりました。全国でも企業名が付いたJR駅なんてここぐらいですから、これもやはり地元の皆さんの力だと思います。

 また、昭和48年に恵庭市全体の経済や社会の発展に貢献するという主旨のもと設立された 「恵庭工業クラブ」では、代表幹事として活動させて頂いています。地域の皆様との交流としては工場見学をはじめ、どなたでも自由に入園できるサッポロビール庭園やパークゴルフ場の併設、親睦事業、市内のお祭り、各種大会に協貸し、市民の方々への地域貢献とさせて頂いています。

 その他、「おんこ」(=イチイ)を冠に配した「おんこ祭」(サッポロビール北海道工場ビヤフェスティバル)を竣工時から毎年開催しています。全国でも ビヤフェスを設立以来ずっと続けているのは北海道工場だけで、道産子の方に感謝の気持ちをこめて続けています。

サッポロビール 株式会社 北海道工場

所在地:
恵庭市戸磯542番1
(戸磯・恵南工業団地内)
電話番号:
0123-33-4111
本社所在地:
東京都
業種:
ビール・発泡酒等製造

ビール・宛泡酒等製造。工場見学には年間約40,000人が訪れる。見学後には出来たてビールの試飲も行える。

企業の声

株式会社 堀川 北海道事業部

創業91年の老舗が選んだ、 恵庭市の良質で豊富な水資源

(掲載日:2015年10月 9日)

レンゴー 株式会社 北海道事業部 恵庭工場

恵庭市への移転が、企業イメ ージのアップに貢献

(掲載日:2015年10月 9日)

サッポロビール 株式会社 北海道工場

工場立地の決め手は豊富な天然資源と、恵庭市民の熱意ある支援体制

(掲載日:2015年6月15日)

恵庭市工業団地 空き用地等情報
ページトップへ