本文の文字サイズ 小 中 大

レンゴー 株式会社 北海道事業部 恵庭工場

恵庭市への移転が、企業イメ ージのアップに貢献

レンゴー 株式会社 北海道事業部 恵庭工場  工場長 本荘 寿彦 様

 1909年、日本で初めて段ボール事業を創始した当社(本社・大阪)は現在、国内に製紙工場5ヵ所、段ボール工場25ヵ所を設置し、段ボールを中心にあらゆる産業の包装ニーズに応えています。

 北海道ヘは1941年に進出、2年後の1943年に工場を設置。 1964年に札幌市白石区に札幌工場を竣工して操業を続けてきましたが、事業拡充に伴い広い敷地が必要となり1999年、恵庭市の 恵庭テクノパークに移転し、工場名を現在の恵庭工場に改称しまレた。

 移転にあたり私たちが目指したのは環境負荷の少ない工場の実現でした。恵庭テクノパークには燃焼効率が良くCO2排出が少ない天然ガスがすでに供給されていましたので、当社工場の中で最も早く環境に優しい天然ガスボイラーを採用できたのをはじめ、7000本を超える植樹を行って緑あふれる敷地としたほか、社員食堂の献立も地元産食材を使用した地産地消メニューを主体とするなど、エコを意識した設備やシステムを細部にわたって導入しました。

 訪れる人はクリーンな工場環境に例外なく高い関心を示し、企業イメージのアップに大きく貢献しています。

レンゴー 株式会社 北海道事業部 恵庭工場

所在地:
恵庭市戸磯193番地3
(恵庭テクノパーク内)
電話番号:
0123-39-3211
本社所在地:
大阪市
業種:
ダンボール及び紙加工製品の製造販売

日本で初めて段ボールを世に送り出した、パッケージング・ソリューションのリーディング・カンパニー。段ボール及び板紙の製造においては、業界No.1を誇る。

レンゴー 株式会社 恵庭工場

企業の声

株式会社 堀川 北海道事業部

創業91年の老舗が選んだ、 恵庭市の良質で豊富な水資源

(掲載日:2015年10月 9日)

レンゴー 株式会社 北海道事業部 恵庭工場

恵庭市への移転が、企業イメ ージのアップに貢献

(掲載日:2015年10月 9日)

サッポロビール 株式会社 北海道工場

工場立地の決め手は豊富な天然資源と、恵庭市民の熱意ある支援体制

(掲載日:2015年6月15日)

恵庭市工業団地 空き用地等情報
ページトップへ